ペンタブレットの選び方

ペンタブレットを初めて買うんだけど、どれを選んでいいのか判らない人向けのテキストです。その中でもWACOM社製のものは信頼性もとても高いです。でも、WACOMの商品はいろいろ種類が多すぎてどれを選んでいいのか判らない、というケースもあるみたい。

・WACOM製のペンタブは2種類
WACOMのペンタブは[intuos]と[Intuos pro]の2種類あります。proのつく方が高性能。でもペンタブを初めて買う、という方にとっては「高性能ってなにがどう違うの?」という疑問もでてくるでしょう。

ということで、今回はIntuosとIntuos Proについて絵を描く側の「使い手側にとっての違い」を中心に書きます。ご参考になれば。

■intuos

intuos

intuos

・intuosはお値段がお安めのタイプ。でも、絵を描くには特に問題はなし。
・筆圧検知は1024段階
・大きさはsmallとmediumの2種類
・[ペンのみ]と、[ペンと指タッチ]で操作するタイプに別れる
・ショートカット用のボタンが4つ
・とてもとても繊細な線を求めなければ充分な描き味。
・正直、intuosだから凄く劣るということはないですよ、proが良すぎる。
・付属のペンを追加で買っても3000円くらい。こちらも安い。

■Intuos Pro

Intuos Pro

Intuos Pro

・Intuos Proは少しお高めのタイプ。
・筆圧検知は2048段階(Intuosの2倍)
・大きさはsmallと mediumと Largeの3種類
・[ペンのみ]と、[ペンと指タッチ]で操作するタイプに別れる
・ペンの動きを読む細かさはIntuosの4倍、ペンの速さは1.5倍まで対応
・ショートカット用のボタンが8つとくるくる操作できるボタン
・とてもとても繊細な線でも描きやすい
・PC上で設定できる内容が多くて、自分好みに設定できる
・追加ペンはちょっと高め6000〜7000円くらいの出費は覚悟して

■大きさは重要だ

Intuosの大きさ

大きさは画面にあわせて

・Intuosシリーズの大きさはSmall/Medium/Largeの3つ
・どの大きさか迷ったらPCの画面の大きさを参考にするべし
(でも個人的意見なので過信しないで)
・アプリのパレットの操作などはタブレットが小さすぎるとちょっとツラい
・展示しているお店があったら、いろいろ試したいところ

■IntuosかIntuos Proか

最低荷重の違いはとてもでかい。描き味に直結ですよ。

最低荷重の違いはでかいよ

IntuosかIntuosPro、どちらがいいか迷ったら、迷わずIntuos Proです。間違いない。でも、ちょっとでもお値段を抑えたい…ということであれば「画風」で選んでみる手も。
筆圧がもともと弱くて繊細な細い線を描く人はPro必須です。Proはそっとペンを置いても反応する敏感さ(最低荷重と言います)をもっているので弱い細い線がとても気持ち良く描けます。絵描きにとっては「最低荷重」はとても重要。本当に重要。筆圧検知2048段階とか1024段階とか、正直その差が判らないけれど、最低荷重の違いはものすごくよく判る。

■もっとも安いIntuosシリーズ

ペンタブレットとしてもっとも安いIntuosシリーズはIntuos pen small [CTL-480\S0]です。現行のIntuosシリーズは指のタッチでも操作できる(Windows8もタッチで使えるので便利)のですが、一番安いタイプにはタッチ機能はありません。この点だけ気をつけておけば、とにかくコイツが一番安いです。

■個人的なオススメ
・仕事道具にはそれなりにお金を出せる方であればIntuos Pro midium。24インチくらいならこのサイズでもなんとかなるかな、という感想です。ウチの27インチの画面はLargeを使ってますけどね。

もちろん小さなサイズのペンタブでひょいひょい描いている方もいらっしゃいますのであくまで個人的なオススメです。

・お値段は控えめにしたい場合はIntuos Pen&Touch(非Pro)のmidium。厳密に言うとProのmidiumと大きさ違うらしいけれど、判らない程度やと思います。

 中でもIntuos Pen&Touch COMICはダウンロード版の2年間の使用権CLIP STUDIO PAINT PROが付いてきます。イラストを描くときにとても便利なアプリです。とにかくPCでイラストや簡単な漫画原稿を描き始めたいということであればこのパッケージだけで殆ど完結できます。

■いかがなもんでしょう
兎にも角にも、いろんなシリーズがあるIntuosシリーズ。展示されているお店があれば足を向けることをオススメしますが、お店が近くになかったり、ちょっと触るだけじゃわかんない!という方のヒントになれば。
製品の詳しい仕様などはワコムストアに行くと見やすいですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です