CLIP STUDIO PAINT B4原稿用紙の作り方

CLIP STUDIO PAINTネタです。

B4サイズマンガ原稿用紙のトンボ寸法ってちょっと特殊です。マンガの基本枠(横180mm×縦270mm、版面と呼ばれる部分です)から縦横20mm外側(横220mm×縦310mm)に設定します。

CLIP STUDIO PAINTで原稿用紙を新規作成するときに、[プリセット]からB4判をそのまま選ぶとトンボの位置は横217mm×縦297mmなのでサイズが違います。

原稿用紙プリセット

CLIP STUDIO PAINTでは[新規作成]時に[プリセット]から「商業紙用」を選べばB4サイズのマンガ原稿用紙が設定完了です。これでトンボの位置もバッチリ市販のB4原稿用紙と同じサイズに。

なのですが…実際に商業誌向け(投稿用)原稿として使うにはちょっとだけ気にしておきたいことも。



でもって、そのサイズでマンガ原稿用紙を自分で設定する方法も紹介しときます。多分知らなくても大丈夫だけど、知っとくとちょっと安心感を感じるときってあるじゃないですか(笑)

B4マンガ原稿用紙を作る01

B4マンガ原稿用紙を作る 02

B4マンガ原稿用紙を作る 03

B4マンガ原稿用紙を作る 04てことで、以上が自分でB4のマンガ原稿用紙を設定する方法です。

ここから、ちょっと漫画用原稿用紙のトンボサイズについてのお話。

正直言って、このトンボはあまりあてにせずこれ以上外にはみだして描いちゃいます。というかその方が安全です。マンガ雑誌とか見ていると判りますが、原稿用紙では基本枠より縦も横も20mm外側までなのに、雑誌のページを見ると上下左右の余白って同じではありません。それどころか作品やページによって変わってたりする場合も。ここら辺はマンガをより効果的に演出するためにそうなっているところなんでしょうが、そうなるとトンボはあまり杓子定規に受け止めずに、余裕をもってトンボの外側まで描いちゃうくらいが安全なんちゃうかなーと思ってたりします…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です